ごあいさつ

阪谷 綾子理事長阪谷 綾子

輝いた未来を手に入れてください

 混沌として不鮮明な情勢が、昨今の日本のみならず世界にも影を落としています。しかし、どのような時代でも、私たち人類は力強く生き抜いてきました。

 このように底力を発揮できる人々は、確固たる基礎知識に支えられた教養、倫理感、そして心身共に頑強な基礎体力を兼ね備えています。このような人々を多く輩出してきた興譲館は、その創設以来160年以上の永きに亘り、朱熹による白鹿洞書院掲示をその教育の理念として、時代の移り変わりを敏感に察知しながらも、その軸をぶれさせること無く、地域とご家庭のご協力のもと、教員は指導を常に工夫し対話を繰り返しながら、生徒一人ひとりの個性を大切に、生徒の将来を見据えて、その自己実現のサポートをしてきております。地域と学校一体で整備された環境の下に高校生活を過ごしながら、勉強、スポーツのみならず、日々の学校生活で育まれた仲間達との友情もまた、興譲館で学んだ者たちの一生の宝となっています。

 正しい倫理観を養い持つということは、同時に無益な偏見や争いを自ずと退けていきます。なぜならば、人としての「あるべき姿」と「本質を見抜く力」を身につけることになり、自然と正しい行動が取れるようになるからです。これが興譲館の「徳育」の効果です。そこにもう少しだけ努力を要するとすれば、それは「思い切って行動すること」と、「変わる勇気を持つこと」でしょう。これはまた国際相互理解にも役立ち、世界を相手に堂々と渡り合えるようになることに繋がっていきます。

 このような経験をして、その後も自分に磨きをかけて、花開き世界に羽ばたいている先輩たちが沢山いる「興譲館family」の一員に加わり、輝いた未来を手に入れて頂きたいと願っております。

photo02校長沖久 教人

これまでも、これからも、あなたとともに歩んでいきます

 本校では、建学の精神である儒学の教え「白鹿洞書院掲示」を日々の生活の中で実践することを目指しています。授業も部活動も含め、全ての日常生活は「教室=学びの場」であると認識することが重要です。その中で、自分とは何か、自分は何をするべきか、自分は何のために生きるのかを考え、お互いの知恵と勇気を出し合い、協力しながら生きる姿勢を養います。「郷校」である興譲館高校の学びの精神を引き継ぎ、自主的自発的に学び、地域社会に貢献できる人材を輩出します。
また、近年さまざまな理由で核家族化が進み、その中で育った人間は稀薄で未熟な、人との関わり方しか出来なくなってきていると言われています。本校では、人と人との出遇いや関わりを大切にしています。笑顔満ちあふれる高校生活を、私たち教職員だけでなく卒業生や地域の方など、たくさんの人たちと過ごしましょう。

 「あなたらしさ」とは、様々な人との関わりの中で発見するものだと思います。「あなたらしさ」を出せる場所がここにはあります。「あなたらしさ」を、この学校で一緒にみつけてみませんか。そして、この歴史ある興譲館高校でともに「興譲館family」を築きましょう。

あなたと必然的に出会えることを心待ちにしています。