卒業生の言葉

結果を残す事を意識した、自分の納得のいく走りがしたいです。

世界陸上 ロンドン大会 重友梨佐選手世界陸上 ロンドン大会 重友梨佐選手
高島由香 選手

陸上部 選手

サイン 選手

Profile

生年月日】1987年8月29日
出身地】 岡山県備前市
出身中学校】備前市立備前中学校
出身高校】興譲館高等学校(岡山)

Message

 2年生時に第16回全国高校駅伝(2004年)に初出場し2区を走って区間7位。 3年生時にチームの主将を任されて第17回全国高校駅伝(2005年)に優勝。前年に続いて2区に登場した重友選手は再 び新谷選手(ロンドンオリンピック出場)から先頭でタスキを受け、区間2位の好走で優勝に貢献した。

重友選手からのメッセージ

【世界で活躍する事を意識し始めたきっかけはありますか?】

 陸上競技を始めた頃からマラソンでオリンピックに出たいと漠然と思っていましたが、高校生になり全国大会を経験する事で、さらに世界大会という場を経験したいと思いました。また、自分が行きたい進路先である地元、天満屋の選手の活躍する姿が、より世界を意識させてくれました。


【高校時代の思い出を聞かせてください!】

 陸上競技が中心となる生活でしたが、正直苦しいこと辛いことが多かったです。それでも、自分の中に明確な目標があったことと、更にその高い目標を同じ様に持つ仲間と必死になって向かっていける環境があったから頑張れたと思います。何より、達成できた時の喜びはとても大きかったです。


【実際、世界大会が決まってから、どのようなレースをしたいと考えますか?】

 今までの成功、失敗、経験を活かして、やはり結果を残す事を意識した自分の納得のいく走りがしたいです。


【最後に、今後この井原で成長していく若者へのメッセージをお願いします!】

 できるとかできないではなく、チャレンジしてみて欲しいと思います。できないことでも、チャレンジし、繰り返しやってみる事で、最初よりもただの少しでもできる様になるかもしれない。そうすると自然と喜びを感じられるのではないかと思います。その喜びを感じられたら、またもう少し頑張ってみよう、とか、もっとこうしてみたい、というふうに繋がるのではないかと思います。できないからダメ、できるからいい、と言う考えは捨てて色んなことに是非チャレンジして欲しいと思います。

分からないことは先生に聞くこと!

島根大学
総合理工学部 物理・マテリアル工学科

河合 水樹さん
特別進学コース)

【この勉強方法で成績が上がった!と思う勉強方法があれば教えてください。】

 理系の科目はとりあえず問題を解きまくる。1つの問題集を完璧にすればそこそこの点数は取れます。

【受験に関して語りたいことがあれば自由に語ってください。】

 先生は使えるだけ使う。頼みごとをして断る先生はいないから、プリントが欲しいなど、して欲しいことがあればなんでも言った方がいいと思います。 また、質問に行きにくい先生もいると思うけど勇気を出して行かないと、分からないままで受験を迎えることになると思います。

これからは短期留学も参加したいです

山形大学
工学部 高分子・有機材料工学科

末包 哲太さん
特別進学コース)

【大学合格の最大の要因は何だと思いますか?】

 自分が行きたいと思う大学にD判定ながらも受験したことです。2次(個別学力試験)の配点が大きく逆転する可能性もあったため、センター試験が終わってからも諦めることなく勉強する事が出来ました。

【今、大学で一番やってみたいことは何ですか?】

 ずっと苦手な英語を勉強したい。可能ならば短期留学もあるので参加してみたいです。