卒業生の言葉

結果を残す事を意識した、自分の納得のいく走りがしたいです。

世界陸上 ロンドン大会 重友梨佐選手世界陸上 ロンドン大会 重友梨佐選手
高島由香 選手

陸上部 選手

サイン 選手

Profile

生年月日】1987年8月29日
出身地】 岡山県備前市
出身中学校】備前市立備前中学校
出身高校】興譲館高等学校(岡山)

Message

 2年生時に第16回全国高校駅伝(2004年)に初出場し2区を走って区間7位。 3年生時にチームの主将を任されて第17回全国高校駅伝(2005年)に優勝。前年に続いて2区に登場した重友選手は再 び新谷選手(ロンドンオリンピック出場)から先頭でタスキを受け、区間2位の好走で優勝に貢献した。

重友選手からのメッセージ

【世界で活躍する事を意識し始めたきっかけはありますか?】

 陸上競技を始めた頃からマラソンでオリンピックに出たいと漠然と思っていましたが、高校生になり全国大会を経験する事で、さらに世界大会という場を経験したいと思いました。また、自分が行きたい進路先である地元、天満屋の選手の活躍する姿が、より世界を意識させてくれました。


【高校時代の思い出を聞かせてください!】

 陸上競技が中心となる生活でしたが、正直苦しいこと辛いことが多かったです。それでも、自分の中に明確な目標があったことと、更にその高い目標を同じ様に持つ仲間と必死になって向かっていける環境があったから頑張れたと思います。何より、達成できた時の喜びはとても大きかったです。


【実際、世界大会が決まってから、どのようなレースをしたいと考えますか?】

 今までの成功、失敗、経験を活かして、やはり結果を残す事を意識した自分の納得のいく走りがしたいです。


【最後に、今後この井原で成長していく若者へのメッセージをお願いします!】

 できるとかできないではなく、チャレンジしてみて欲しいと思います。できないことでも、チャレンジし、繰り返しやってみる事で、最初よりもただの少しでもできる様になるかもしれない。そうすると自然と喜びを感じられるのではないかと思います。その喜びを感じられたら、またもう少し頑張ってみよう、とか、もっとこうしてみたい、というふうに繋がるのではないかと思います。できないからダメ、できるからいい、と言う考えは捨てて色んなことに是非チャレンジして欲しいと思います。

生活リズムを崩さず、毎日継続して勉強をする
ことが大切です。

広島大学 文学部人文学科合格

上野 華緒里
芳井中学校出身)

【いつ頃から本格的に受験勉強を始めましたか?】

 進研ゼミを始めたのが高2の冬頃だったので受験を意識して勉強し始めたのはその頃です。


【大学合格の最大の要因は何だと思いますか?】

 学校の先生の指導と1日に約7時間は寝たことです。参考書や教科書からは得られない問題の見方や解き方を教えてくださった先生方のおかげで自信をつけることができました。時には内職することもあり、その時の先生からは「聞いてないなー」と思われていたかも知れませんが耳だけは先生の言っていることに意識を向けていて、自分が知らないことはノートの隅にメモしたりしてました。また、私は朝型なので21:30~22:00の間には寝て、4:30に起きる生活リズムを崩さないようにしていました。そのため授業中に睡魔と戦うようなこともなく集中して授業を受けることができました。


【この勉強方法は効果的だったと思う勉強方法があれば教えてください】

 この時間帯にはこの科目の何を勉強すると決めて、毎日継続して勉強することです。毎日勉強していると不思議なことに勉強したところを授業中に先生に聞かれたり模試や本番で出てきたりするようになります。そうなると勉強がおもしろく感じてくるので、毎日決めたことをするのが大切です。


【大学で一番やってみたいことについて語ってください】

 北欧の教育と政治、フランスやイギリスの文化などに興味があるので行先はまだ決まっていませんが1年ぐらいは留学してみたいです。留学生と友達になって、会話を通してお互いの価値観や文化を理解しあえるぐらいの英会話力を会得したいです。なぜかというと、修学旅行のホームステイの時に、同じ家にいた中国人留学生と雑談程度のことしか話す力がなかったことが悔しくて、もっと語り合いたいと思ったからです。大学の宿舎に住む留学生にも積極的に話しかけたいと思います。

大切なのは、出来るかどうかではなく、やりたいかどうかだと思いました。

愛媛大学 理学部合格

佐藤 里菜
木之子中学校出身)

【大学合格の最大の要因は何だと思いますか?】

 考えてみましたが沢山の要因が複雑に絡まっており「最大」が何だったかを定めることは難しいです。ただ、それらをひとくくりにしてざっくりとした説明で良いのであれば、それは「自己分析が出来たこと」だと思っています。本当にやりたいことなら、何の迷いもなく受験勉強を始めているはずでした。しかし私の場合はそこに抵抗がありました。「受験勉強」以外にも好奇心をそそるものは多くありますが、その中で、それらを我慢してまでどうして「大学入試」へ自分は取り組む意義があるのかがはっきりしていなかったからです。だからこそ自己を分析して自分とは何を好み何を憎み、どういう価値観を持っているのかを認識し「受験勉強辛いな」という気持ちではなく「今していることは自分が本当にしたいことだ」という確信に満ちた気持ちで、有限の命を限りある青春の中で、後ろめたさなく燃やすことが出来たのだと思います。


【大学、学部、学科を選択する際の決め手は何でしたか?】

 工学部や農学部へ揺れつつも「やっぱり理学部に行きたい」と思い続けられたのは「自然の仕組みをもっと知りたい」という欲があったからだと考えています。そして、その延長線上に「そこで得た知識を環境汚染対策に繋げたい」という欲があったからです。確かに理学部では就職先に困るかもしれない、という心配もありました。しかし、宇宙の誕生から太陽の寿命まで長い目で見たとき、自分の一生がとても短いことに気づいたことによって「好きなことをして生きたい」と思う気持ちが湧きやがてその心配を上回るようになりました。そうして、私の理学部化学科への進学への意思は固まっていきました。


【これから受験に臨む後輩たちへアドバイスがありましたらお願いします】

 受験生になったからといって、必ずしも完全に勉強に打ち込めるとも限りません。部活が気がかりな状況になったり、身内で突然の別れが起きたりするかもしれません。それによって成績が伸び悩んだりもするでしょう。「大丈夫、希望はあるから頑張れ!」という言葉を貰うためだけに人に弱音を吐露してしまうこともあるかもしれません。しかし大切なのは、出来るかどうかではなく、やりたいかどうかだと思います。

岡山大学に行くと決めてからの入学したい気持ちは強かったです。

岡山大学 環境理工学部環境デザイン学科合格

矢田 篤史
神辺東中学校出身)

【大学、学部、学科を選択する際の決め手は何でしたか?】

 岡山大学はかなり環境が整っていて、ブランドもあると思っていました。工学(情報系)か環境理工(デザイン)で迷った末に、センターリサーチの結果と志願倍率を見て環境理工学部にしました。特に岡大を受けると決めてからの入りたい気持ちはとても強かったです。


【国立大学に合格できた最大の要因は何だと思いますか?】

 高校受験の失敗を引きずっていて、何としても国公立に行きたい、志望校に行きたいという気持ちが強かったのもあり、最後まで諦めずに勉強し続けたことだと思います。


【これはこうしておけばよかった!失敗した!という後悔していることは?】

 やっぱり一番は演習量が足りていなかったことです。とにかく反復演習とか量をこなすのが苦手だったので、直前になってかなり後悔はしました。


【これから受験に臨む後輩たちへアドバイスがありましたらお願いします】

 進路に関してはある程度、現実的な志望校も考えておくべき。そして、最低でも高3の夏にはセンター試験やある程度の大学の過去問を何年分か解き始めたり、問題集を何度かしておく必要があります。3年生になると奨学金の予約や入試の出願でバタバタするので、そういったことを含めた長期計画を早いうちにざっくりとでもいいから立てておくといいと思 います。